旅行業務取扱管理者は就職・転職に有利

*

旅行業務取扱管理者は就職・転職に有利

旅行業の営業所には、最低1名の旅行業務取扱管理者がいなければならないと、旅行業法に定められています。なお、従業員が10名以上の営業所には、2名以上の旅行業務取扱管理者を置くことが求められています。

つまり、旅行業の営業所を開くためには、絶対に必要な資格が旅行業務取扱管理者なのです。不動産業を行うために宅地建物取引士が絶対に必要なのと同じです。旅行業務取扱管理者は、宅建同様に就職・転職に有利な資格といえます。

この資格には2種類あり、国内旅行のみを扱うのが国内旅行業務取扱管理者で、海外旅行と国内旅行両方を扱うのが、総合旅行業務取扱管理者です。
どちらも、国家資格です。旅行業関係では唯一の国家資格なのだそうです。取得したら、一生モノの資格になるのではないでしょうか。

最近では、学生が卒業旅行に気軽に海外に出かけたり、連休が多くなって国内旅行が増えたり、また、東北新幹線の開通であたらしい観光スポットができたりと、旅行業界はまだのびしろがありそうです。就職する際にも、転職する際にも旅行業務取扱管理者の資格があることは、確実にプラスになるでしょう。就職してから勉強して資格を目指すよりも、事前の時間があるときに勉強して取っておくのが良さそうです。

新卒や未経験からの転職で旅行業界を目指すなら、他の人と差をつけられるのが資格をもっていることです。旅行関係では、唯一の国家資格なのであらかじめ持っておけば一歩リードではないでしょうか。旅行業界で働くにあたり、守るべき法令やルールがわかるので、業界研究としても役立つと思います。
なお、総合旅行業務取扱管理者の試験には英語の問題もあります。この資格を目指すなら、英語の勉強も必要です。国内旅行でも外国人観光客を受け入れるためには、英語ができるに越したことはありません。高齢の旅行者への対応として、救急救命や介護の資格も合わせて勉強するなど、自分の強みをどうつくっていくか、可能性が広がる資格です。

旅行会社に就職し、経験を積んでから独立することも可能です。その際にも、営業所に一人は必ず資格者が必要ですが、自分で取得していれば旅行会社を興すこともできます。最近では、「「Airbnb」など、海外からの観光客と個人宅の空き部屋を繋げるサイトもあります。インターネットを利用すれば大きな旅行会社ではなくても仕事を作って行くことは可能でしょう。就職・転職からその先の独立を目指すときにも旅行業務取扱管理者の資格は大いに役立ちます

就職時に資格を持っていれば、資格手当が付くこともあります。旅行業界の給与は新卒だとそれほど高くないようです。その分色々な手当てがつくようで、資格手当も数千円になるところが多いようです。年間で数万円の収入アップになるので、旅行業界で働きたいと考えているなら、絶対に持っておきたい資格だと言えます。




>>まずは旅行業務取扱管理者資格を最短で取得するための勉強法をチェック<<