旅行業務取扱管理者資格の難易度

*

旅行業務取扱管理者資格の難易度

旅行業務取扱管理者の試験は、受ければ合格するような簡単な試験ではありません。
国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者を比べると、総合旅行業務取扱管理者の方が難易度が高いです。総合旅行業務取扱管理者試験には英語の問題もあるので、その分難易度が高いのでしょう。

勉強の期間は、通信教育のフォーサイトの「合格体験記(http://www.foresight.jp/ryokou/story/)」を見ると、2カ月程度で合格している人もいるようです。ユーキャンでは、国内が4カ月、総合が8カ月のコースです。短期集中で合格が狙えるけれど、合格率は30%程度なので油断はできない試験と言えるでしょう
フォーサイトの合格体験記は、様々な年代や職業の受講生の体験が書かれているので参考になります。

2カ月で合格した人たちも「もう少し余裕を持っておけばよかった」と言っているので、3、4カ月はかけて勉強すると考えていた方が良さそうです。どのくらいのペースで勉強するものか、これも学生、社会人、主婦などで使える時間が違うので、合格体験記で自分と似た環境の人を探して参考にしてみると良さそうです。
毎日コツコツ勉強したという人が多く、一気に詰め込みをするよりコツコツ型の勉強が向いている試験のようです。
地理や歴史上の人物の名前など、覚えることも多いので暗記が苦手な人には難しく感じそうです。コツコツ覚えるしかないでしょう。
簡単には合格できないくらいの難易度の試験だということを肝に銘じて取り組む必要がありそうです。ただ、合格体験記を読むと、きちんと勉強している人は合格している、という感じでした。

>>まずは旅行業務取扱管理者資格を最短で取得するための勉強法をチェック<<